<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たらたたーらたらたーららたー

風が流れている。
風がオレの全身を愛撫する。
風ってのは偉大だ。
風が流れるから時間も流れるんだ。
オレは今、両方の流れに愛撫されてんだよなぁ。
ああイっちまいそうだ。

自由とは制約だ。
自由を何の制約もない世界だと考えてはならない。
もしそんな世界があるとすれば、自由すらない。
大衆が求める自由を得るには、自由という制約に縛られなければならない。
大衆が信じる自由とは、自由という制約内でのみ自在に活動できることを言うのだ。

射精の快感も空腹の苛立ちも睡眠の静けさも運動の息切れも流れる汗も勝利の歓喜も浸透する酒も歩く足も持つ手も見る目も聞く耳も生きるための空気も熱も土も水も空も圧力も分子も原子も生きることすらも価値がない。
疑うことも価値がないのに、なにをやってるんだろう、と問いかける。
価値にも価値がないのに、どうしたらいいんだろう、と問いかける。
問いかけるな、オレ。
あるべき姿など、オレは見たくないんだ。

今、初めて気づいた。
オレは落ちてるんだ、と。
スカイダイビングでパラシュートが開かなかった。
ああオレは死ぬんだなと判った。
今まで何度となくスカイダイビングをしたし、その何度となくというところに甘えがあったからこんなミスをしたんだろう。
だけど今はこれはこれで良かったとも思えるんだ。
落ちると言う事実を知っただけで十分の収穫だ。
オレはここから昇ることはできない。
乗っていた飛行機はもう米粒もない。
オレは今、落ちること、しかできない。
どれだけ強く願っても落ちることしかできないんだ。
とてつもなくでっかくて、オレなんかじゃどうしようもない落下だ。
別にオレは、自然は偉大だ、なんてことを語ってるんじゃない。
実際、オレはさっきまで空を飛んでいたんだ。
今地球は病んでいるという比喩があるが、それは人間の力だし、その程度で自然は絶滅するほどにしょぼいんだ。
今気づいたのはそんなことじゃない。
もっと大きな流れ、人間の営みも、自然の崩壊も、地球の公転も、太陽の熱も、銀河の成り立ちも、オレが落下しているということも全部同じだということ。
そうだな、言うなれば物理法則。
皆皆、物理法則に従って動いてる。
物理法則を無視して動くなんてできはしない。
今もこれからも物理法則に支配され続けるんだろうなぁ。
だからこのまま落下して、地面にぶつかって死んで、骨はバキバキに折れて、もしかしたら内臓が口から飛び出るかもしれない、そして葬式が開かれて燃やされて灰になって地面に埋められ、それから何年経つか判らないけど人類は滅びてオレの灰は土になるんだろう。
仕方がないんだ。
そういう風に理はできている。
この世は恐ろしいほど理に適っている。
だから全てを受け入れられるし、地面にぶつかったら痛いだろうなぁ、とも思うのだ。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2010-03-30 11:30 | 徒然なる希望と絶望

たったたーたったーたらたったー

どんなに強い思いを込めて言葉にしても
それはただの言葉だった。
どんなに強い思いを込めて見つめても
それはただの目だった。
どんなに強い思いでも、その思いを伝えると、陳腐になった。
だから僕には語らないことがある。
陳腐になってはいけないものがあるからだ。

自由とは何か。
考えれば考えるほど判らなくなる。
僕の意思決定がもし何の制約もないとすれば、僕は意思決定をできるのだろうか?
あの子を好きになるのは、あの子の顔、スタイル、性格を経験上という外部誘導から意思決定したに過ぎない。
何かを食べたいと思うのは、空腹という身体における外部誘導から意思決定したに過ぎない。
僕の意思決定は外部からの誘導なしに決定することはできないのではないだろうか。
もしそうであったとしたら、裁判の価値が見出せない。
全ての行動が自分の自由意志に置けるものではなく、外部誘導による決定ならば責任の所在が判らない。
アーレントという政治学者はアメリカ革命を大きく評価していたらしい。
その理由は自由という在り方にアメリカ憲法がアーレントからして正しい制定をしていたからだそうだ。
アメリカ憲法の素晴らしいところは憲法があるところであり、憲法の制約内なら何をしても自由ということだ。
アメリカ革命以前の法治国家は憲法という根底となる制約をなしに法律などを決めていた。
だから失敗したのだ、と。
制約のない国家は全体主義に繋がる。
制約のない人間は本能のままに行動し、野生の獣と同じだ、と。
さて、自由とは何だろう。
自由とは制約なのだと思う。
自由という制約の中、限界の内でなら僕たちは自在に行動することが許される。
僕は言葉を使って言葉の限界を超えたことを語りたいと思ったことがある。
だけど、思惟が乗った言葉は全て、陳腐だった。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2010-03-17 15:06 | 徒然なる希望と絶望

ちゃった、ちゃーらったー

・フィギュアスケートにおけるミニマックス戦略と将来性
・ニヒリズムのゲシュテル依存V回避
・徒然なその他(才能、男のゲシュテル、世界平和etc)
いつも通りの記事を何個か用意したが、投稿するにはまだ編集が必要。
しょうじきめんどくさい。
だからまた今度。
もしくはさようなら。



FEZSNSにてキャラ誕生日の祝いメッセージをくれたA氏に対する返答メッセージ。
『お、誕生日かぁ・・・リアルの誕生日っていつだっけかな・・・

FEを始めて3年・・・
色々な人と出会い、FEを楽しんだ。
その色々な人の中でもとりわけ面白かったやつと言えばAだろう。
彼女は、そう・・・まず女の子なのだ!
素晴らしいね。うん。

女の子というものは基本的に全て素晴らしいわけだが
彼女はとりわけ素晴らしい。
優しさと強さを兼ね揃えていて、セクシーなのだ。
女の子には普段スウェットを穿いてバカみたいに化粧をしたりしなかったりしてセクシーの欠片もないやつがいるが
そんなのでも女の子としての価値を有している。
彼女たちに決定的に足りないのは人としての価値だ。
それを持っているAは素晴らしいを越えて美しい。

僕は目が美しいと自負する。
見て欲しいこの完璧な二重。
そして透き通ったクリアな瞳。
よく見て欲しい。
透き通った瞳には今、君が映っているはずだ。
だから僕の目は美しい。
Aからのメッセージがなければ僕の瞳など何の神秘さも含まなかったことだろう。

僕は美しいものが好きだ。
だからAのことが好きだ。
ついでに言えば今の僕の瞳も好きだ。
僕は、この世が美しいもので溢れていてこの世そのものも美しければいいのに、と幻想すら抱く。
なぜこれが幻想なのか?
僕の瞳はAを捉えなければ美しくはないからだ。
僕はこの瞳を美しいままにしておきたい。
もしそんな我侭を聞いてくれるなら、これからもよろしくお願いします。』

書いてると面白くなってこんな長文になった。
A氏がこの文章を記事にしてもいいか、と言うので、いいよ、と答えるとすぐ記事になった。
次の日、その記事に対するコメント見ると「痛々しい」とか「テンプレだろjk」と、なかなか受けがいい。
中には「美しい」などというコメントもあったが、オレには判らない。
ともあれA氏は喜んでいた。
だからマイナーチェンジして使えば、それなりに受けがいいんじゃないだろうか。
今度使ってみよう。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2010-03-08 15:06