<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

たらったらー

先日の日本対ガーナ戦を僕はテレビで見ていた。
オランダ戦は残念ながら諸事情で前半しか見ることができなかったのだが、良かった印象がある。
後から聞いた話だと、前半は良かったらしい。
球離れは早く、テンポのいいパスワークが印象的だったが、そのせいで全体的な消耗が大きいのだろう。
消耗すれば良いパフォーマンスは見せれなくても仕方がない。
もしこの戦い方を継続するなら交代選手をどう使うかが重要になってきそうだ。
ガーナ戦は、ゴールキーパーに僕が嫌いな都筑を使っているのが気に食わなかった。
都筑は元々ガンバのキーパーで、キーパーとしはかなり巧い方だと思う。だが、あの生意気で憎たらしい顔は好きになれない。
まぁそんなことはどうでもいい。
日本はいつも通り早いパスワークで攻撃に向かうのだが、ラストパスの精度が悪いし、シュート圏内に入ってシュートを撃っても入る気がしない。
なぜだろう。
トルシエ、ジーコ時代は何かをやってくれるかもしれない。と思える選手がいた。
中田なんかがその代表的選手だと思う。
中田がボールを受けると敵の選手は恐れか焦りか、それとも僕がそう思っただけなのか、動きが鈍くなった。だが中田の動きはいつもリラックスしていた。焦りなど見えない。だからボールが取られる気配がなかった。味方の選手は中田にボールが周ると何かをやってくれるんじゃないかという期待を持ち、その期待からFWは裏を探し、サイドハーフは走る準備をし、近くの選手は細かいパスに注意した。
そんなスターがいないチームは見てて、どこか物足りなさを感じてしまう。
スターがチームには必要だと言っているわけではない。ただ物足りないのだ。
実際、ジーコ時代の日本代表に比べれば今の日本代表のほうが強いんじゃないかとも思える。
ジーコ時代といえば、黄金のカルテットと呼ばた中田、小野、稲本、俊介という日本のスターと呼ばれる選手をかき集めたような起用が印象的である。
今の代表にも黄金のカルテットの一員だった中村俊介がいる。
しかし俊介にボールが渡っても、何かが起きそうな気配を僕は感じることができなかった。
もしかしたらこれは、僕のサッカー熱が最も強かったのがトルシエ時代ということもあって、その頃あまり評価されなかった俊介に対する先入観を当時のまま引き継いでいるせいかもしれない。
そんなことを考えているうちに前半が終了した。
スコアは0-1でガーナが勝っている。
PKで点を取られた、といったくらいしか覚えにない。
特に押してるわけでもなく、押されてるわけでもない。
後半は恐らく選手を交代して来ると思っていたから、そこが少し楽しみだった。
しかし岡田監督は選手を変えなかった。
オランダ戦で何を学んだのだろうか、交代選手をうまく使わないとこのサッカースタイルは維持できないとまだ判らないのか。
交代選手が楽しみだったことがあってか、苛立ちを覚えた。
まだかまだかと待ってるうちに2点目を取られ、ついに岡田監督が重い腰上げる。
長谷部に代わって稲本。
このとき「おおおおお!」と叫んだ。
僕にはこの交代がとても嬉しかったのだ。
稲本と言えば、僕がサッカー少年だった頃、最も憧れた選手でもある。
16歳でプロデビューし、そんな若さとは思えないプレイで稲本は僕を魅了していた。
今でも大好きな選手だ。
その稲本もそろそろ30歳。最近では代表戦での出場もなくなり、僕が稲本のプレイを目にすることと言えばYouTubeでハイライトを探したりする時くらいだった。
代表戦を見るときにいつも思っていた。
どうして稲本を出さないのだろう。
稲本は他の日本選手に比べてもフィジカルは強いし、ディフェンスも巧い。長年海外でプレイし続けているという経験と実績がある。
パス精度も他の日本選手と比べて、どこが劣っているのかすら判らない。ロングパスに関して言えば日本代表では稲本が群を抜いていると思う。
まぁ、サッカーとは巧いプレイを求めるものではない。勝てば良い。点を取って、取られなければ良いのだ。ディフェンス力やパス精度というものは、その目的に着くまでの一種の過程に過ぎない。絶対にそういった技術が必要だ、と言うわけではないのだ。
だがそういった観点で見ても、稲本を出さない理由が判らなかった。
そんな中で、この稲本投入である。
本当に嬉しかったのだ。
だが、その直後にディフェンスラインの隙をアフリカの速度で抜かれ、あっさりと3点目を許す。
重かった岡田監督の腰は焦りからか、それとも元からそう決めていたのか本田、玉田を投入する。
そこから日本の動きが変わった。
元からボール支配率は日本が上だったと思うのだが、何かが起こりそうな気配が出始めた。
ガーナの動きが疲労からか、それとも余裕からか、鈍り始めていたのかもしれない。
だが、それでもこの何かが起こりそうな気配というのを最近の日本代表に感じたことがあっただろうか。
稲本は信じられないほど機敏に動いていた。ボールを持っていないときも色々な変化をつけた動きをしていたし、今までの日本では全くと言っていいほど見なかった繋がるロングパスが見え始めた。
本田はいつも良い所にいて、相手を威嚇していた。
選手交代してから日本は変わり始めた。
その交代した選手、玉田が最初にシュートを決める。
これで2-3だ。あと1点で同点。判らなくなってきた。
サッカーとは他のスポーツに比べるととんでもなくロースコアゲームである。1点の重みは重い。
だから点を取られるのはもちろん極力避けたいし、できるだけ点を取っておきたい。
2点差と1点差では天と地ほどの差を感じてしまうのがサッカーなのである。
日本の動きは止まらない。
交代選手が生きている。
立て続けに3点目が入った。
稲本からの完璧なロングパスにヘディングで岡崎が決める。
もし生でガーナ戦を見ていたら僕はどうしたらよかったのだろう。発狂は間違いない。
これで3-3だ。
僕はこれで十分満足だった。
稲本はアシストに限らず、どんなシーンでも素晴らしいパフォーマンスを披露していた。好きな選手が活躍すると嬉しいものだ。
だが、日本はこれで終わらなかった。
遂に4-3と逆転をする。
逆転弾を放ったのは、稲本だ。
もし生でガーナ戦を見ていたら僕はどうなったんだろうか。死んでいたかもしれない。
綺麗なシュートだった。
体勢が崩れながら放ったミドルシュート。
ボールは地面をコロコロと転がっていった。決して威力のあるシュートではない。だが完璧なコースだ。ボールはゴール左隅へとパスをしたように転がっていくと、観客とアナウンサーと解説者は声を荒げて喜びを表現した。
1-3からの4-3という日本代表戦ではまず見ることが出来ない逆転劇で試合は終了した。
僕は日本が逆転勝利を収めたということと、大好きな選手である稲本の活躍がとても嬉しかった。
しかし、最後の3得点は5分以内に起こったことである。
何か、どこか、あっさりしすぎていて、不安を抱く人は多いと思う。
ガーナの動きが何らかの理由で鈍っただけで日本代表が良い動きをしたわけじゃない。という不安だ。
僕もこの不安を持った。
しかし、僕は確かに稲本や本田が入ったときに何かが起こる気配を感じたのだ。
それは稲本という名前に対する高揚感もあれば、プレイを見て日本が有利になっていくのを見た洞察からでもある。
前者はただの先入観だし、後者はガーナの鈍りが起因としてある可能性があるから間違っているのかもしれない。
だけどあの感覚を最近の日本代表に感じたことがあっただろうか。
僕はこのガーナ戦から日本代表が良い方向に進んでいくと思わざる得なかった。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2009-09-13 23:02 | 徒然なる希望と絶望