<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

たらたたーら、たらたらららー

人は何かを悩み、考え、そして答えを出し、成長していく。
成長が社会的成長を意味するならば、これを認めよう。
悩むことに疲れ、諦め、見えない何かを見える何かに投影する。
人は自分を守るために、あらゆる事象から逃げ、あらゆる事象へと向かうことなく、自分を守り通す。
あらゆる事象から逃げるにつれ、高性能な逃避行動を身につけ、大人になっていく。
けど僕はそれを望まない。
その望みすらが逃避であることを承知した上で望まない。
何かを言葉にすること自体が逃避だと認める。
何かを理解したと理解すること自体が逃避だと認める。
逃避は何も悪くないことも認める。
逃避自体にエネルギーがいることも認める。
僕は逃避自体から逃避してみたいんだ。
未だ僕はその逃避場所を見つけることができない。
自分へ逃げるのも悪くない。社会に逃げるのも悪くない。
まぁ、論理的に考えるならば
逃れられない逃避から逃れる可能性がある逃避場所は、逃避自体にしかない。
これが僕の方針機軸になっているのかもしれない。

僕は3歳ごろの記憶を僅かに持っている。
しかし残念なことに、それ以前の記憶を全く持っていない。
きっと僕は3歳ごろから言葉を少しずつ理解してきたのだろう。
言葉を理解し始めると色々なものは意味を持った。
黒い目には感情を表立たせることも可能だと知った。
言葉を理解しなければ何も判らなかったのに
言葉を理解すると言葉を介し、今まで知らなかったことを知り始めた。
論点の理論的整理をしてみよう。
今まで知らなかったこと以外の場所に知り得ることを創造した。
そんなことがあるはずがない。
知らなかったことの中から、とある区間を知ったと理解したに過ぎない。
知らない中に知ってるものを生み出した。
知らないものは存在の証明すら不可能であろう。
存在もなにも、認知すら、想像すらできないのであるのだから。
ならば、その中に知ったと認識したものができてしまったのなら
その存在を証明できるだろうか。
もう少し具体的な理論的整理をしてみよう。
なぜ、とある区間に限って、知った、と理解したのだろうか。
他人の痛みは自分の痛みではない。これが当然であるはずがない。
これは情報の違いから生まれ、その情報の違いを違いと認識したがためにそう定義付けされたに過ぎない。
とある区間はその他の区間とは違った情報を持っていたのだろう。
さて、そこを情報の違いと定義付けるのは良い。
何を持って、そこに情報の差異を感じたのか。
次にもっとも大きな論点がある。
理論と実在性の因果性についてである。
物理学、化学、医学、文学、精神学、こういった哲学以外の学問はその因果性について実績を見ない。
これらの学問はこの因果性を哲学に依存するしかない。
リンゴが木から落ちるのは重力が原因だ。
リンゴが木から落ちる、このこと自体の実在性の証明は物理学ではされない。
哲学とはこの因果性について問うた学問でもある。
先の、何を持って情報の差異を得たのか、これすらが因果性でもある。
この因果性について人は答えることができるのだろうか?
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2009-02-26 07:11 | 徒然なる希望と絶望

ちゃ、ちゃちゃらららーらららー

僕は僕が好きだ。
人の役に立つことをしたいんじゃない。
人の役に立たないことをしたいんじゃない。
僕は僕を守りたいだけなんだ。
君が僕に何かを求めたならば、僕はその求めに対して答えるだろう。
その答えは君のための答えではない。
僕のための君への答えだ。
決して君に僕の一部を捨て与えた訳じゃない。
僕はその答えを君に与えることにより、君は僕に何かを与えるだろう。
君が僕に与える何かは、モノじゃなくてもいいんだ。
その眼差しだけでもいい。
その眼差しが好意でも嫌悪でも何でもいい。
その眼差しさえあれば、僕は好きな僕でいれる。
僕は僕が好きなんだ。
そう思いたいんだ。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2009-02-15 06:56 | 徒然なる希望と絶望

たらったったたーららー

僕は高校時代、社会との交流を断ち切ろうとした。
僕と社会の不一致に怒りと虚しさを感じていた。
周りの人間が馬鹿ばかりに見え、憐れとも思えた。
同時に、自分もその馬鹿たちの一部だということに反感を覚えた。
思い込みたかったのかもしれない。
僕は他の誰とも違い、僕には特別な力があり、僕は誰よりも優れていて、僕は馬鹿じゃない、と。
途端に僕は虚しくなる。
他人と比較してばかりの自分が虚しい。
アリが見たら笑うだろう。オレには違いが判らんぞ、と。
僕はどこまでいっても馬鹿の一部だ。
怒りは虚しさを呼び、虚しさは怒りを呼ぶ。
僕はそんなループに疲れた。
だから僕は社会を拒絶した。
拒絶することしかできなかった。
それは今でも変わらない。拒絶は僕にとっての逃げ道だ。
拒絶していると確認することで僕は僕を保つことができた。
皮肉な話だ。
拒絶することしかできない人は一生社会を拒絶する。それなのに、社会から脱することはない。
単純な話である。
僕は社会を拒絶する。
しかし、社会の一部である「拒絶」自体を僕は拒絶できない。
僕はここで自分の限界を知る。
拒絶という見えない地面に這い蹲い、地面から離れない。
離れようとしても離れることができないことを僕は知っている。
少し、僅かに、ちょっとだけならジャンプすれば離れることはできるだろう。
だがどうせ落下する。
落下しなければ地面が上昇する。
見上げれば天井があり、僕はその天井が何の地面なのかは判らない。
僕が乗っているこの地面は一体何の天井なのかも判らない。
僕は僕のことしか判らない。
そんな、誰もが知ってるはずなのに、誰もが判らない、そんな不確かな場所に僕はいる。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2009-02-12 08:34 | 徒然なる希望と絶望