<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

映画制作4

とりあえず脚本が7割完成した。
バイト先の数人に見せた感じはそこそこ好評。
あとは微修正を加えて脚本としては完成する。
ただその微修正に数日かかりそうだ。数日といっても10時間程度だろうが。
あー、そういえば今は主観で書いてるけど、主観とは別に客観視点でも書こうと思ってるんだよなぁ。
それあわせたら20時間かかるかもしれん。

しかし演じる人はダレになるんかねぇ。
配役は違う人にやってもらうからダレがどの役やるのかまったくわからん。
それにここのバイト先、明らか女がいない・・・
20くらいの若い女の子が3~5人ほどほしい。
まぁバイト先におらんのは確定してるから映画のために知り合い呼ぶか
それとももう表現方法を変えるか。

次に問題なのがCG技術がついてくるかどうか。
タバコの煙を見せるにはCG技術が必要だしなぁ・・・CGがないならないで光の加減を使ってうまく見せるしかないが・・・。
あと、同じシーンに同じ人物が出てくるのが厄介だ。
これに関しては編集やらでなんとかできるらしいが
非常に厄介だ。
まぁできないならできないで表現方法を変えることになるか。

10月までに完成すれば良い方かのぉ。
賞は取れるかどうか知らんけど、完成すればきっと将来的に良い思い出として残るだろう。
といいながら学生フィルムなら賞はほぼ取れるだろうと思ってるけどな(キリッ
といいながらアカデミー賞も狙ってるけどな(キリッ
当たり前だけどカンヌも狙ってるぜ(ニコッ

ふぅ・・・
まぁとりあえずおもしろい。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-28 07:53 | 徒然なる希望と絶望

アピール

坂本龍一イイ!
坂本龍一の曲はホントよく考えられて作られてる。
ここはどういう音を出すか、ここはどういう強調の仕方をするか。
ほんとによく考えられてる。

ていうかMixiおもしれぇw
これは200時間くらい読んでもそこそこおもしろいかもしれん。
学問・研究って項目のコミュニティで「格差社会について語る」みたいなそんなの読んでると
個人個人のエゴが見てておもろい。
格差社会にも多少の興味はあるが、自分の意見をどうやって相手に伝えるのか
ってのを見てるとすげーエゴの塊でおもしろい。

人に何かを伝えるってのはオレは軽視してる。
Mixiでもブログでもリアルで喋ってるときでも
人に何かを語るってのは実は好きじゃあない。
けど自分のエゴを発散するのはおもしろい。
それだけの理由で喋るし、語るし、アピールする。
ただそれだけである。
喋らないにしても喋らないことを語る、アピールすることになる。
同じ意味の言葉でも声の高低、強弱、流れ、単語の違いによって伝わり方は明らかに変わる。
まったく同じ伝え方だとしても相手によって伝わり方が違う。
こういうのはおもしろい。

村上龍とオレの小説はどこか違うと思ってた。
実際、違う人が書いてるんだから違うのは当たり前である。
が、根本的な部分で何か違っていた。
オレが村上龍の作品を読んで最初思ったことは「事実しか書いてない」という点である。
最近、脚本を書きながら気づいた。
セリフとはただの解説でしかない。
僕はセリフとその時主人公が思ったことを文字にして伝えていることが多い。
しかしこれではダメだ。
その時主人公が思ったことを読者に感じさせなくてはいけない。
読者が感じれたのなら解説は不要である。

色々経験してみると、新しく見える部分もあるだろうし、逆に見えなくなる部分もあるだろう。
ただ気づくのが早くなるだけの場合もあるし、遅くなる場合もある。
けどまぁ、とりあえずやってみるってのは悪くない。
例えば将棋の詰め将棋。
詰め将棋100問をトッププロの棋士とトップアマにどっちが早く解けるか勝負させたことがあった。
普通に将棋を100回戦えばプロが90回勝てるレベル差である。
しかし詰め将棋に関してはアマのほうが断然早く解けた。
まぁもしかしたら詰め将棋に関してこのアマさんは超得意だったのかもしれない。
ただそれだけじゃないと、その競争を見て思った。
プロは詰め将棋の問題を見ると答えが出るまで何もしない。
考えて考えて答えが出たら打つ。
アマは問題を見るととりあえず打つ。打つ。打つ。
間違えたらまた最初から打つ。
その差はけっこー大きかったんじゃないかな。
とりあえず動く。ってのはオレは基本的にやらないが、そういうのも良いもんだ。

語らない人間になりたいと思ってたし、今でも思ってる。
ただまぁ、それは案外おもしろくなかったりする。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-23 16:13 | 徒然なる希望と絶望

感動した。

感動した。
PCを買い換えて4~5ヶ月ほど経ちます。
PC買い換えるついでにHDDもマッサラのを使い始めてたんだ。
僕の新品のHDDには未だにエロゲが入ってないんだ。
まぁそれはいい。
未だに曲のデータが一つもないんだ。
どういうことだ!
ということで過去のHDDから曲を引っ張り出そうと思った。
あ、ついでにエロゲもね。
まぁそれはいい。
曲を引っ張り出そうと思ったら過去のHDD繋いでも反応がない。
壊れてしまったようだ。
もしかしたら何らかの方法で動くかもしれないが
とりあえず今は動かない。
くっそ!これじゃエロゲが取り出せない!
まぁそれはいい。
これじゃ曲が取り出せない!
ということでもっと過去のHDDを漁ることにした。
そのHDDは家族用として使われているマッキントッシュに内臓されてるHDDである。
DVDにでも焼くかどっかにUPろうかと思ってたんだ。
で、起動してみると・・・HDDフォーマットされてた!
これじゃエロゲがry!!!
まぁそれはいい。というよりマックのHDDにはエロゲなんてない。
これは困った。俺の10G近くある音楽データが・・・><
と思ってたら、考えてみればこんなこともあろうかと
3年前ほどにDVDに焼いた覚えがあった。
そのDVDを20秒探してみると見つかった。
机の引き出しの中に丁寧に何の包装もされずにおかれていた。
両面傷だらけで、こんなの読み込んでくれるのかよ・・・
と思いながらPCに挿入すると!なんと起動してくれた!
3年前のだから、それ以降に入れたデータはないけど
最も重要な坂本龍一とかJazz関連のデータはあまり更新してなかったし
問題ではない。
久しぶりに曲を聞いてみると
感動した。

坂本龍一神すぎるだろ・・・
やべー。坂本龍一をスタッフにして映画つくりてー。

ちょwwwwwwwこれはやべぇwwwwwww
リアルタイムで坂本龍一の曲聴いてるけど
なんだこれはしね。
音楽データないからニコニコでニコニコっぽい曲よく聴いてたけど
差がありすぎる。
別にニコニコの曲がへぼいとかじゃないんだ。
坂本龍一の音作りが巧すぎる。
僕は今、映画の可能性について考えながら脚本書いてるけど
坂本龍一は音楽の可能性について考えまくってるんだろうなぁ。と聴きながら思う。

これは酷い。
他人に何かを伝えるって作業を軽視してる俺ですら
何か感傷めいた感情に陥る。
珍しすぎる。
村上龍とゴダールの作品見て以来だな。この感覚は。
いや、そう考えるとオレも満更珍しいということはないか。

坂本龍一は感情も技術として捉えた曲作りが非常にイイ。
感情を殺してるとも取れるし、感情をコントロールできてるとも取れる。
それが曲を聴いてると判るから凄い。
感情表現で泣く、笑う、怒るとか色々あるけど
あんなものはただの情報伝達の手段でしかない。
その手段をいつでも引き出せるあたり素晴らしい。

やべぇ。
ちょー眠いと思ってたのに曲聴きだしてからテンションやばいんですけど。
ニヤニヤじゃなくてニコニコがとまんねぇ。

ちょ。
テイトウワもイイ。
テイトウワってのは坂本龍一の弟子。
最近は知らんが、これはまだちょっと若さがあるかなぁ。音ベタというか。
けどイイ。
将来が楽しみだ。

やべぇwww
ビルエバンスやべーよいやほんと。
これは世界一のピアニストと呼んでもいいよまじで。

おい。
マイルスデイビスやべぇ。
Kind of blueってアルバムがあるんだけど、それはマイルスとビルエバンスが唯一共演したアルバムなんだ。
歴代最高のJazzトランペッターとJazzピアニスト。
ちょっとビルエバンスが薄らいでる感じがマイルスデイビスの偉大さを物語ってる。

ヨーヨーマわろす。
クラシックチェロ演奏者。
やっぱクラシックもいいな。
これに関しては先入観ももちろんあるが、歴史を感じないこともない。

カーペンターズもいい。
カーペンターズを聴くと、これを聴きながら読んでた森博嗣のVシリーズを思い出す。
あれもあれでおもしろかったなぁ。

エリック・クラプトンもいい。
小学生~中学生の間くらいのとき一時期こればっか聴いてたな。
なつかしす。

うおおおお。ボサノヴァいいいいいいいいいいいいい。
ボサノヴァはマジ、ギターで弾けるようになってもいいな。

B.B.Kingもイイ。
やっぱブルースはかっこいいね。

うはwwwwwwwwww
ちょっと時間おいて坂本龍一聴くと鳥肌たつんですけどwww
テンション上がってきた!

坂本龍一の曲聴いてると映画の演出の仕方思いつく。
発想ってのは記憶から取り出すことらしい。
実はこれに関して僕は過去に「自分の思考とはどこから生まれているのだろう」という疑問に対して
何かを思うときに脳内ではどんな伝達がされてるのかを感覚的に掴もうとして
集中したことがあった。
その時に思ったのが、過去のトレースでしかない。ということだった。
で、最近NHKのテレビを見てると脳科学的に発想というのは
それまでの経験、体験などの記憶から部分的に取り出すことと言っていた。僕の推測は的を得てたということだ。らっきー。
坂本龍一の曲を丁寧に聴いてみると何を思って坂本龍一はここでこんな音、強調の仕方にしたのかを考える。
そういうのを考えると、曲としての演出をただの演出として捉えて
強調する部分、押さえる部分、どうやって魅せるか、とかが浮かんでくる。
これはおもしろい。




いやもうなげぇよ。
どこまで読んだかコメくれると嬉しいです(ニコッ
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-23 13:48

映画制作3

おい、なんかてらかっこいい。
脚本っぽいのをとりあえずプリントアウトしてみた。
1枚目にいきなり

・テーマ
存在の証明

と書かれてて様になってるなぁ。と思いながら

・構想

ここで軽くストーリーを作る。
ついでにここは何を強調するのかも書く。演出の仕方とかね。

・証明

って項目では構想でのストーリーを定期的に1文にする。
その1文をa,b,cとかで例えて『a+c+e=~』『a→bよりa→c→bの~』とか書いてる。
なんかすげー様になってる気がするから困る。

・本文

構想と証明を元に皆に手渡す脚本を書く。




そういえばRight placeの感想を書くとしよう。
演出の仕方は上手いなぁ。
カットと入れ方、音の入れ方が良い。
表現の仕方も極端にしてるから判りやすい。
かといってストーリー全体的に見ればシンプル。
極端だからこそシンプルとも取れるが。
まぁ確かに良作。
この作品で伝えたかったことは恐らく「他と変わってるから何なの?」ってことなんだろう。
見てて感じれたことは「主人公は変わっている。だから何なの?」だけ。
てことはそれを伝えたかったんだろう。
俺の中ではそこまで良くなかった。
映画の表現ってまだまだ可能性があるのか、それとももう映画というデバイスでは限界が見えてるのかもしれない。
映像、音、文字、言葉、あらゆる表現方法を持ってる映画はデバイスとして完成度高いと思うんだがなぁ。
最近はバーチャル技術(ゲーム含む)も進んできてるし、『体験する』するという新しい表現方法が必要になってきているのかもしれない。
バイト先で映画作ろうって話をしてた人が「オレの中で映画を突き詰めて行くと映像を主人公視点で作っていく表現が一番良いと思うんだ」と言っていた。
要するに主人公のFPS視点で映画を作るってこと。
そういうの聞いてると映画には限界があるのかもしれない。とも思う。
が、ゴダールの作品を見てるとそうとも思えないオレがいる。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-22 00:02 | 徒然なる希望と絶望

映画制作2

脚本を書きながら思うことは多い。
作品として完成させる場合、その作品は他人へと伝わる。
何を伝えるのか。というテーマを考える。
候補は3つ。『現実』『存在』『違和感』この3つからテーマを絞る。
今は『存在』をテーマに脚本を書いてるが、諸々な事情で変更されるかもしれない。
例えば、単純にオレがその他のテーマのほうがおもしろいと思うかもしれない。
例えば、キャスト的にその他のテーマのほうがおもしろいと思うかもしれない。
例えば、演出的にその他のテーマのほうがおもしろいと思うかもしれない。
キャストを考えるのはどちらかというと監督の仕事だが、そこらへんも考慮して書かないといけない。
演出は常に考える。
カメラワーク、音響、芝居、グラフィック効果諸々。
演出を想定しないと伝えたいことが伝わるかどうかが判らない。
そんなことを考えてるとなかなかおもしろい演出の仕方を思いついたりする。
この演出の仕方はもしかしたらまだないかもしれない。とも思える。
こういう世界に詳しくないから、案外あるものかもしれない。
そこでまた考える。この演出を使って違った表現の仕方はないだろうか。
この演出を使えばその他のテーマでこういうシーンを取り入れればおもしろいかもしれない。
というよりこの演出は僕はこう思うが、他人にはどう写るのだろう。
本当に僕が思ってる通りに伝わるのだろうか。
思い通りに伝わる人もいれば、間違って伝わる人もいるだろうし、何も感じない人もいるだろう。

そこがなかなかおもしろい。



そういえば短編映画を一つ紹介された。
http://jp.youtube.com/watch?v=fZYwMTzavMU
『Right place』って題名。
これについて思ったことは次の記事で書くことにしよう。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-19 09:49 | 徒然なる希望と絶望

映画制作

麻雀のルール覚えろよ。とよく言われるので
ルールサイトを見てみた。
技術的には3ヶ月でダレでも似たようなレベルになるゲーム。
めっちゃ簡単なゲームなんだけど、運の要素と心理的な要素があるからハマっちゃう人が多いんだろうなぁ。
ということで麻雀ゲームを探してみた。
http://www.akabeesoft2.com/main.html
常考。

バイト先でおもろい人に会った。
今はフリーのコピーライターで金がないからバイトしてるらしい。
カメラマンのトミタケじゃないよ!
とりあえずその人は以前、会社に勤めててCMとか作ってたらしい。
学生時代は短編映画も作ってたらしい。
その人と哲学的っぽいような話をしてると
映画を作ろうということになった。
監督はそのバイト先で知り合った人。
脚本は僕。
ちょーおもしろそうでwktkが止まらん。
この短編映画で賞でも取ろうかとマジで思ってます´ー`
まぁ賞はオマケなんですけど、映画は完成させたいもんだなぁ。
ということでこのブログ書き終わったら熱が冷めぬうちに脚本書きますね。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-18 07:07 | 徒然なる希望と絶望

おしりー

仮免とった!
頑張ったオレ。

飲みに行ったら座敷っぽいところに座ることになった。
店員(女性)が料理をテーブルに並べるとき、座敷なら普通は足をたたんテーブルの横に座りながら
テーブルに料理を置くもんだと思うんですよ。
しかしその店は違った!
中腰で料理をテーブルに運ぶんです。
いや、それはいいんだ。全然。別に行儀悪いとか社員教育(まぁバイトだろうが)ができてないとかそんなのじゃないんだ。
そういう風に中腰で料理を隣のテーブルに置かれるとこっちにお尻がバーンと突き出るわけです。判りますか?判りますね。
料理を運び終えた店員(女性)が去っていくのを見てから
「ちょ、あんなにお尻向けられたら・・・><なぁwww><」と僕は冗談を言ったわけです。
すると後ろから「え」と聞こえるじゃないですか。
その声が聞こえた方を見るとその店員(女性)がいるじゃないですか。
そこで僕を含めた友人数人が笑わなかったら凄く痛い空気になっただろう。
触らなかっただけマシだと思う。

いやはやしかしサザンはイイ。
休止直前の最新曲「I am your singer」って曲はファンのこと考えてる曲だなぁ。と思う。
そのファンへの想いが偽善だったとしもて素晴らしい。
というより偽善のほうが素晴らしい。
ホントにファンのこと考えてるほうがオレとしては鬱陶しい。

核兵器はなかなか恐ろしい。
冷戦についてちょっと考えてみたけど、冷戦自体は終わったかもしれないが
冷戦と同じ理由でまだ世界が回ってるところがある。
冷戦の最大理由は核兵器だが、この冷戦を解決する方法を考えてみた。
結果、ない。

女子55k級柔道の表彰式を見て感動した。
1位中国、2位北朝鮮、3位日本+どっか^^;。
1~3位全部アジアじゃねぇえか!感動した。しかもインドとかアラブとかの日本に好感もってそうな国じゃなくて
嫌悪感がありそうな中国と北朝鮮。それを日本のスポーツ柔道で技術で競い合ってたところに感動した。
もちろんスポーツって感情で戦うことも重要なところはある。が、やっぱり土台は技術で競い合うことであって感情も技術でコントロールする。
こんな社会になってほしいもんである。と書きながら、それも含めて今こんな状態になってんのかな。とも思う。
まぁしかし親と妹が「中国優勝で北朝鮮準優勝とか腹立つわ」と言っていた。ただ負けたことに悔やんでるんじゃなくて中国、北朝鮮という単語に敏感に思えた。
「アジアがんばっとんやん」と言っておいた。
本当に中国、北朝鮮に対していらない敵対心が親と妹にあるなら、やっぱりその程度の人間か、としか思えない。
敵対心があるのは全然いいが、いらない敵対心はいらない。

最近、バイト先に深夜3時ごろからちょーかわいい子が店先に溜まるようになったんだ。
そのちょーかわいい子は目がくりっとしてて背が低くて金髪でピアスつけててどう見てもヤンキーです。って感じなんだ。
レジで相方とケラケラ笑ってたらその子がいきなりその大きな目をこっちに向けて「え?」と言って来た。
「ん?」と言い返すと
「え、あ、いえ、なんでもないです・・・w」と恥ずかしそうに笑いながら外に走って行ったんだ。
ちょーかわいい。
その子は中1くらいの男の子です。本当にありがとうございました。

「美容院のあの子かわいくなかった?」
「え、そう?覚えてないわ」
「うん。オレも顔は覚えてへんねん」
「性格?」
「いや、お尻が最高だった」と相方が言ったときに理解するのに0.7秒かかった。「あのお尻の大きさは反則やわ」理解するのに0.002秒かかった。

なんかこれでお尻ネタ2回目じゃね!
オレはじまったな!
あ、ウホじゃないよ!!!

最近ニコニコ動画で『零』ってゲームのプレイ動画をまったり見てるんですが
これはKOEEEEE。
最近のホラーゲームはここまで進化したのか!
まぁ最近といってもPS2時代なんですが、これは怖い。
たまに出てくる入浴シーンが最高です。
お尻がいいよね。
しかし最近のホラーゲームは主人公女性が多いのかね。
なんか無駄にかわいいキャラが頑張ってるんですけど。どうなのこれ。
ていうか『零~刺青の聲~』はなんで主人公がスカートじゃないの!?パンチラがないよパンチラが!
けどジーンズのむっちり感もサイコーだよ!お尻サイコー!

あ、はい。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-08-11 09:50