<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

箇条書き

弄られたら府内一おもしろい人に認定されました。
・・・計画通り(キリッ
どうもはやたんです。

髪きりに行きたいなぁ。とバイト先に漏らしたら
「紹介してやんよ!」
と言われたので紹介されにいってきます。
「1万5千くらいはもってったほうがええよ」
は?

マジ免許やべぇwwwwwwww
今日はさすがに仮免テスト受けに行こうとおもったら10分遅刻して受けれなかった。
実は1週間前も遅刻して受けれなかったんですよね。
オレしんだほうがいいwwwwwwwww

さてそろそろ、というかもうオフィシャルショップだと売ってるかもしれない。
僕はオシャレ?オサレ´ー`?とかに気は回さないんですが
リーバイスは好きです。
そのリーバイスの501、2008年度モデルがそろそろ発売されますね!
今度かってこよ´ー`
ジーンズさいこーだよ。長い間履けるし、機能性も悪くない。

いやしかしバイト始めたお陰で多少懐に余裕ができたのぉ。
WM買うのもけっこー危なかったのになぁ。

ゼロの使い魔3期が始まりましたね。
あ、はい。
ルイズはオレの妹。

ばやしさんぷぎゃーwwwwwwwww
絶対このネタは判らないだろうけど書いときますね。

おい、なんでこんなに箇条書きなんだ。

マルボロうめぇ。

ポニョ歌ってる子かわいすぎんだろ・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3623042
かわいすぎる・・・(:.;゚;д;゚;.:)ハァハァ
あ、はい。

エアコンのリモコンが見つからない。
どうすんだこれ。
電源はつけれるけど温度が設定できない。
ちょー寒いんですけど。

おい。
チャックあいてたwwwwwwwww

外暑すぎる。
さっき教習所行こうとして自転車乗ったら汗だくになった。

攻殻機動隊の曲がなかなかイイ。

フィンランドの女性はかわいいらしい。

「hacchi」が上げてるニコニコ動画見てこないと今度バイトこないからな。
と脅されました。
脅してきた奴はどう見てもヤンキーでした。本当にありがとうございます。
日本はじまったな。

エビアンうめぇwwww
冷えたエビアンは格別。
けどホットコーヒーには適わない。
コーヒーはホットでブラックじゃないと認めない。
砂糖とかミルクとか入れたらそれはコーヒーじゃない!

さっきジョージアのCM見ようとしてジョージアHPいってきたんだ。
ついでにアロマブラックって製品のオフィシャルサイトいってきた。
ノートMacの応募があったから送ってみた。
当たったら感動して泣いちゃう。
Intel入ってるMacは触ったこと無いから触ってみたいなぁ。

「よお久しぶり」
「お、久しぶりやな」
「この時間は電車けっこー空いてると思ったんやけどそうでもないんやな」
「8時半くらいのほうが空いとんで。この時間帯はおば・・・女性が多いからなぁ^^;」
「なんだよその言い方wwwwwwwww」

さっきも書いたが、なんなんだこの箇条書きは。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-07-24 13:55

Allemagne annee 90 neuf zero

新ドイツ零年。

・・・^^;

さいこーですた^^;

なんか哲学的なことを永遠と語ってる映画だったわ・・・

『哲学とは現実世界では物足りない者が逃避する場所である』
『感情とは情熱の忠実な僕である』
『私は人生を夢見ていたのだろうか』
『残酷なクリスマスがやってくる。ウィンドウにはガラクタばかりが並べられている。それなのに必要なものは一つもない』

あの・・・しょうじき・・・映像と音声による情報処理速度じゃ3回くらい見ないと恐らくついていけません。

けどこれだけは判る。
あんな内容なのに演出、編集はマジうまい。

ほしかったらあげます・・・´ー`
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-07-19 14:07

ぽーにょぽーぽにょさかなのこ~

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3687909
まさかこれを歌ってたのがロリだったとは・・・!

ごほんごほん。

まさかこれを歌ってたのが子供だったとは・・・!
この子供の技量も凄いが、この子をチョイスした宮崎駿も凄い。


さて、そろそろFEZ公式大会が始まるわけですが
チームメンバと意見の衝突が絶えません。
これはきっと良いことだ!
と言いたいのですが、感情的意見や感情的反論が多くてやってられません。
優勝候補チームなのに個人技がTOP層と呼べる人は8人中半分もいないし。
オレの動画見て「これはやたん7人なら優勝するだろ・・・」とか言われても
「そりゃそうだろ」と冗談でもなく真面目に返せる俺は何者。




まぁ、そんなことよりもだ!
ついに予備校が終わってちょーハッピー。
教習所に行かないとダメなんだけど、そんなのは置いといて~♪
過去にも僕の記事に出てきた僕のおじさん。
変人、奇人と身内から呼ばれてるおじさん。
このおじさんがなんと5年前くらいに映画のDVDを送ってきていたのです。
酔った勢いだったのでしょう。
そのDVDはフィルムも剥がされることなくリビングのピアノの上にずっと立ってありました。
「あー。そういえばこんなのあったなぁ」と思いながら手にとって今から見ようと思ってます´ー`
5年も放置されていたので埃が積もっていた。それを手で叩き落としながら題名を見る。
3パッケージある。『新ドイツ零年』『愛の世紀』『そして愛に至る』この3作。
なんかおもしろそう。
しかもフランス映画。
フランス映画はメジャーだから目に触れることも多い。全体的にフランス映画はおもしろい。これはおもしろそう。
監督はジャン=リュック・ゴダール。

・・・こいつはまさか!!!知りません。初耳です。
あ、はい。監督なんてスティーブンスピルバーグくらいしか知りませんすいませんでした。
とりあえずこれはおもしろそうだから見てきますね。
おもしろかったら無理やりメッセで送信します・・・v^^v
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-07-17 08:02

映画やほー

あああああああああUZEEEEEEEEEEEEE
ウイルスはいったかもしれん。
P2Pも、危ないサイトも周ってないのになんでこんなに動作が重いんだ!
しね!!!!
といっても、ゲームしたりゲームの動画編集したりファイル開いたりするのは快適なんだ。
インターネットエクスプローラーが無駄に重いことがある。
PCつけっぱなのが悪いだけかもしれんな・・・
てかセキュリティソフト入ってねぇ・・・買うしかないのか・・・高いんじゃないの・・・涙目。



んー、一個前の記事でコメントにも書いたけど
奇跡のシンフォニー微妙だった。
オレ、あんまりアメリカの作家って好きじゃないんだよな。
とか言いつつヘミングウェイしかアメリカの小説なんて読んだことないんですが´ー`
ただまぁヘミングウェイを読みながら「なんか単純な登場人物ばかりだな」って思ってたら
最後にその単行本の解説のところで
「アメリカの作品ってのは人間味がない。だから嫌いだった。しかしこの作品はその人間味がないところをうまく使えている」
とかそんなことを書いてたんだ。
まぁ要するにヘミングウェイはアメリカの風潮を文化として受け取れた数少ない文化人だったのだろう。(多分)

ま、アメリカが僕の肌に合わないのは前々から感じていたが
チェンジングレーンって映画は良かった。
これはアメリカの作品なんだよなぁ。
アメリカ全部がオレの肌に合わないことはない。
中国だって日本が嫌いみたいなこと言ってるし、これはもう一部とかいうレベルじゃなくて
全体的にそういった風潮はあるだろう。
けど全否定する人はほとんどいないはず。

驚いたんだけど、中国人が嫌いな国アンケートで見事1位に輝いたのは
日本じゃなくて韓国らしい。
韓国何やったんだオマエら。

韓国といえばイチローとかの日本のスターを何人も韓国人として報道したり
アメリカで韓国人学生が銃乱射事件をして捕まった時に「ほとぼりが冷めるまで日本人のふりをする」と本気で言ってたり
韓国人が日本にいって日本を褒めるようなことを公に言ったら帰国拒否されたり
何とも謎に包まれた国です。

日本って海外から嫌われてる印象はあるし、特にアジアから嫌われてるような気がしてた。
んだけど、考えてみれば日本を嫌ってるのは朝鮮(韓国含む)と中国くらいじゃないか。
しかも最近はそこらへんも大分マシになってきたんじゃないかと思う。
朝鮮、中国を除くとインド、アラブとかそこらへんがアジアだけど
そこらへんは日本のことけっこー好意的なんじゃないの。って思う。
第2次世界大戦の日本の表向きな戦争理由ってアジア諸国の連携目的であって
植民地化されてるアジア諸国を独立させる目的だったはず。
その目的が表向きな理由だったとしてもそれをまっとうしたお陰でアジア諸国の独立は30年早くなったと言われている。
WWⅡで日本は敗戦国で社会的な悪として扱われてるし、それは事実でもあるが、植民地独立に大きく貢献したのも事実である。
しかも驚いたことに日本はユダヤ人から好印象らしい。
ユダヤ人迫害から日本人数人が大きく貢献して差別が減ったとかなんとか。
ユダヤ人とかアラブ人から好印象を持たれてる国なんて日本くらいじゃね。
ま、しかし日本は色んな国から嫌われてるんだろうな。

けどさ、WWⅡのことちょっと考えて思ったんだけど
日本みたいな小さな国で石油とかの資源に恵まれてるわけでもないのにここまで発展するって凄いな。
食料もないし。
まぁ、恵まれてる資源といえば水くらいじゃないか。
ここまで発展したのは日本人のゴキブリみたいな生命力というか対応力というかどんなことでも吸収してしまうところにもあるんだろう。
しかしWWⅡでの戦死者は日本が圧倒的に多い理由を知ってるだろうか。
そりゃまぁ敗戦国の1国で最後まで戦ったからっていうのもあるだろうが
ドイツ、イタリアと共同戦線を張るときに最前線を任されることが多かったらしい。
やっぱり欧米諸国から日本はバカにされてて同盟国からもそういった捨て駒的な扱いをされることが多かったそうだ。
そんな辛い前線ばかりに参加してても日本人の逃亡兵はゼロ。
この数字には驚いた。ゼロ!だったらしい。信じられん。
しかも怪我で入院してても病院から脱走して前線に参加する人がかなり多かったらしい。
なんという日本人。まぁただこれはしょうじきバカだな。けど嫌いじゃない。

マッカーサーといえばWWⅡ終戦後に日本を率いたアメリカ人ですが
この人はかなりの人格者だったのかもしれない。
「こんな島国が石油などのルートを切られたら戦争をするしかないだろう」
と言ったらしい。
まぁ石油のルートを切られたらそこで我慢するのが当然だったりするんですが
そんなこと言ってられない風潮だったんでしょう。その頃は。
マッカーサーの言ってることは日本を擁護するようなことが多いし、その内容もなかなか理に適ってる。
中国が九州の一部を中国によこせ!と言ってきたときに「アジアの大陸に日本は数え切れないほどの貢献をしてきた。これ以上は渡すものはない」とマッカーサーは断ったそうだ。
かっこよすぐる。



と、明らかな脱線もいいところ。
次はクライマーズハイ、ザ・マジックアワー、スカイ・クロラ、シャッター、イントゥ・ザ・ワイルド、アキレスと亀を見に行こう。
クライマーズハイは過去に違った出演者で映画化されてたと思うんだけど
これはおもしろかったはず。
ザ・マジックアワーはHPのトップページ見ておもしろそうとおもった。
スカイ・クロラは言うまでもない。
シャッターみたいなホラー系は演出の仕方に興味がある。
イントゥ・ザ・ワイルドはちょっと変わった趣向でおもろそう。
アキレスと亀は北野武だからきっとおもしろい´ー`
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-07-14 21:35 | 徒然なる希望と絶望

映画

ちょっとオレ映画見てくるわ!
奇跡のシンフォニーってやつ。
バイトはじめてちょっと財布に余裕が出たから映画でも見てみようかな。と思った。
しかもオレの家から徒歩5~10分で映画館につくという素晴らしさ。
しかも奇跡のシンフォニーはプレミアムスクリーンでしか上映されてないのに通常料金。
全オレが泣いた。

考えてみれば中学の頃はけっこー映画好きだったんだけどなぁ。
ただ友達と見に行くときは見たいのが見れなかったりした。
スパイダーマンとかみたくないわ・・・って思いながら見てたなぁ。

ついでに僕が一番印象に残ってる映画はチェンジングレーンって映画。
映画館で見たってのがあるから印象に残ってるんだろうけど
かなり良かった覚えがある。
車線変更しようとしたら軽い車の接触事故をしてしまう。お互い急いでいて片方がお金だけ渡して去っていき、もう片方は車が動かない。結局片方は用事に間に合うけど事故のごたごたでなくした書類を取り戻すため、もう片方は失った時間を取り戻すため行動を取る。しかし途中からそのテーマを脱してやったりやり返したりと喧嘩みたいになっていく中、何かの違和感を感じる両者。
もう5年以上前の話だからよく覚えてないけど、精神描写とかがかなり巧かったと思う。
今度TSUTAYAかどっかで借りてこようかな。

ぶっちゃけー、1ヶ月前くらいにひぐらしの実写VerをFEの人から見に行こう言われて見に行ったけど、全然印象に残ってないわー。
スパイダーマンとかも名前しか覚えてない。
やっぱ良い映画は印象に残る。



あ、ついでにもちろん一人で見に行きます!



スカイ・クロラのHPはじめて見てみた。
これはかなり良い作品に仕上がってるかもしれない。

「森博嗣という器に押井守という器が見事に盛り付けられてる」京極夏彦。

森博嗣ってのは前にも書いたけど、僕が中学の頃大好きだった小説家(自分では研究者と名乗ってる)でスカイ・クロラの原作者。押井守はこの作品の監督。
この表現が出たってことはかなり良い作品に仕上がってるんじゃないだろうかと思う。
映画って枠には収まらないけど、映画ってのは難しいもんで
坂本龍一なんかは映画の音楽作るのが今一番の収入らしい。
ただ坂本龍一は我が強すぎて作品自体が暗くなったり、方向性がよくわからんなることが多い。
京極夏彦の言ってることが本当ならば森博嗣と押井守は良い感じに調和できたんだと思う。
かなり楽しみだ!
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-07-10 12:59

羽生くおりてぃー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3690105

^^;
とりあえず最近一番笑った動画を載せてみた。
これはオモシロイ。
素で笑えたし、羽生の反応もなかなか興味深いところがあった。





バイト先で「今まで会った奴の中ではやたんが一番変な奴やわ」と言われた。
そんなこと何回もって訳じゃないけど、何度か言われたことあるから
別に心に痛むとか嬉しいとかはあんまりない。
「逆に変わってない奴なんて僕は見たことないですけどね」と返した。


んんん!
なんか続きを書こうとして読み返してみると
エッセイってこんな風に書くだけでいいんじゃね。って思えた。
いや、こんなんでいいんだろう。とは思ってたけど、これはオモシロイ。


「人によって喋り方って違うやん?発音とかやなくて、直感で喋るんか考えて喋るか。オマエの場合は考えてんねん。けど、U君(さっきまでいたバイト仲間)は直感で話してんねんな」バイト先で先輩が僕に言った。
「そんなもんですかね」僕は疑問を抱きながらそう返しておいた。
考えなしに喋ることはできないし、感じなかったことを表現することはできない。だからU君もそれなりに何かを考えて発言してたんだと思う。よく考えてるかどうかということなら先輩の言ってることは判る。
ただ、直感という言葉の意味に疑問が残った。


いや、なんか違う。
やっぱりまだまだ感情の取捨選択に問題があるようだ。
けど、直感って言葉はけっこー難しい。
一番上のURLで「迷ったときに直感を信じる割合は?」って質問に対して羽生が「7割」って即答するシーンはかなり印象に残ってる。
羽生は直感をどう解釈してるのだろうか。



あ、そういえばもう古くなったけど
羽生が永世名人になりましたね・・・
いやはや、長かった・・・
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-07-03 06:00 | 徒然なる希望と絶望