違和感

皆はこんな経験ないだろうか。

これはイイ!これはもっとやりたい。
とかそういう快感?楽しさ?まぁなんでもいいけど
そんな感覚に浸っていると、ふと頭に弾丸が撃ち込まれる。
なんだか死んだような感覚に陥る。
自分の体が自分じゃないような気がする。
体と頭がたった一本の細い細い神経で繋がっているような感覚。
もうその一本の糸は切れようとしている。
その糸が切れると本当に自分は死んでしまう。
なのになぜか快感?楽しさ?みたいなのを求めてしまう。
それ以上その感覚を感じ続けると死んでしまうというのに。

死はもしかしたら快感なのかもしれない。
今まで普通、当然、当たり前だと思っていたことに急に違和感を感じてしまう。
その違和感を感じたとき、いきなり今まで感じていたことに現実感が沸き立つ。
違和感に気づく前は幻を現実だと思っていた。
なのに違和感に気づくと幻は本当の現実に変わり、本当の現実は恐怖になる。
その恐怖を怯えるがあまり、気づいた違和感には気づかないふりをする。



まぁ快感?楽しさ?みたいなのはなんでもいいんだ。
性欲でもいいし、音楽鑑賞でもいいし、仕事でもいいし、痛みでもいいし、喧嘩でもいいし、ゲームでもなんでもいい。
これ以上続けると自分は自分じゃなくなる。
自分を否定しながらその行為をし続けるこの違和感。

こんな違和感を皆は感じたことない?
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2008-06-12 02:39 | 徒然なる希望と絶望


<< 出会い系 村上龍流 >>