たらたらたん、たらたらたららん

もし、僕の目が良ければ、北斗七星は見えない。
あの7個の星のうちの一つは、実のところ二つの星で構成されている。
だから、目が良ければ8個の星に見えるのだ。
幸いなことに、僕の目は良くないから、北斗七星は常識の思惑通り、星が7個の星座なのである。

もし、僕の目がもっともっと良ければ、今知られている星座は何一つとして見えない。
夜空一面に輝く星が現れ、どこに連なりがあるのか判らなくなるからだ。
しかし、それでも人は、新たな星座を生み出し、星の位置に意味を見出すだろう。


意識は常に意味を求め、意味は常に意識される。







10月に入ってからは下記のブログで記事を投稿する。
恐らく、根本的な方針は変わらないと思うが、話題にイタリア関連が増えることは間違いないだろう。

http://xtultuita.exblog.jp/
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2010-09-24 02:33


<< たったーらたーら ちゃーたった、ちゃーらった >>