たらー、たたたらたらったー

とある漫画で敵対する相手から情報を引き出すため
死んだ敵の脳を露出させ、針のような棒で脳を刺し、欲しい情報を手に入れていたシーンがある。
僕はあのシーンが好きだ。
なんというかあれは性的興奮と同じなんだと思う。
脳を刺激してどこまで正確な情報を掴めるかどうかは知らないが、それも現実的な技術の問題であって理論上は可能だろう。
脳を刺激して体をピクピクと動かすことと理論的には一緒なはずだ。
これと似てるのが性欲だ。
女の裸に接したり、自分の性器に刺激が加わったりすれば勃起する。刺激が長引けば射精する。
一つ言っておくが、女の裸は良い女じゃなくてはならない。
ブスだと興奮しないし、吐き気や苛立ちすら覚えてしまう。
この性的興奮と脳を刺激してピクピクすることは一緒だ。
抗えない。
良い女は良い女が持つ絶対的法則で男を興奮させる。
麻薬もそうだ。
麻薬を摂取すると麻薬は脳に影響を及ぼす。
オレは医者ではないから、麻薬が影響を及ぼす方法を知らないが、簡単に言えば脳の一部を刺激する効果があるのだろう。
ホルモンやらドーパミンやらアドレナリンやらオレには何なのかさっぱり判らない何かが分泌するのかもしれないし、麻薬自体にその分泌物と同じ性質が与えられていて、それが感情を左右させる効果を持ったり、はたまた幻覚や幻聴を引き起こす効果があるのだと思う。
これは抗えない。
個人差があるだろうし、麻薬に対する抵抗感などでも大きく効果は変わるだろう。
しかしそれでも、大なり小なり麻薬の効果は現れる。
本能だ。
膝をコツンと叩けば足が上がる。皮膚を引っかけば痛いし血が出る。口に何かを含めばヨダレが出るし、体内に入れば栄養を吸収し残ったものは肛門から出て行く。
麻薬を摂取すること自体や、脳に棒を突っ込まれること自体や、良い女の裸に触れること自体は理性だが、同時に降りかかる身体的変化は本能に違いない。
何が言いたいのかと言うと、オレらは、いや最低でもオレはオレの体とかなり密接な関係を保っている。
理性の力だけではどうにもならないことがオレに及ぶのを知っている。
それは大体、オレの身体の力よるものだ。
オレの本能はこの世の物理法則に乗っ取っているどころか物理法則そのもので、仕方がない、という言葉で全てが片付いてしまうような圧倒的な力を持っている。
だが、この場合、理性とは何だ。
この疑問は正直怖い。
オレの思考はオレが生まれた瞬間、いやいや生まれるもっともっと前から決定されてたことなんじゃないだろうか。
本能と一緒で、これ見たらこう思い、あれを聴いたらこう思う。
ラプラスの悪魔だ。
この世の全てを説明可能な物理法則が発見されたら、これから宇宙がどうなるのかも判るだろうし、当然ながら過去も全てその法則が導ける。
そんなことが可能だとすれば、今のオレや今後のオレまで全てその法則で説明できてしまうじゃないか。
ラプラスの悪魔という言葉はそんな恐怖から来ているのだと思う。全てを説明可能な物理法則は悪魔だ。
誰かはこの反論として神秘的な力が存在すると説いたり、量子論のランダム性を説いたり、不完全性定理の非決定性を説いたりする。
だがそれでもオレは生きてる限り、腹が減ったら飯を食わないことはないし、酒を飲んだら酔わないこともないし、良い女を前にして意識しないということもない。
なんだろうな、別にこんなことを書くつもりじゃなかったのに、最近はどんな内容でも哲学的な方向に向かってしまう。
理性が脳や身体の部分集合だ、とは思えない。
同時にオレの理性が脳や身体を支配しているとも思えない。
これはまた別の問題だと思う。
確かにオレは良い女で興奮するし、麻薬を吸えば快楽へ誘われる。
それと理性はまた別だ。
理性は興奮や快楽を認識するに過ぎないし、興奮や快楽はそこらへんで常日頃から行われている身体における物理法則に他ならない。
理性の発生も理性の働きも物理法則に他ならない。同時に物理法則を捉えるのは理性だ。
ここがおかしい。
前者の物理法則と後者の物理法則では違いがある。
前者は超越的な意味を持ち、後者は観念的な意味だと言えるだろう。
楽しみたいときに、どうやったら楽しいのか、とは考えない。どうやったら楽しめるのか、とオレは考える。
これは理性と身体が乖離していることを示している。
・・・なんだろう。別にこんな専門的な話をしたいわけじゃない。
ああ、なんだろう。
オレは良い女が好きだし、麻薬もタバコも酒も脳みそをぐちゃぐちゃにして理性を支配してしまうような感覚が大好きだ。
そして同時に信じられないほどそれが怖い。
だって理性を支配することは理性より外にいることになるんだ。
制約を超えてこそ始めて本当の快楽を得るというのは本当だが、傍から見ればどれほど危なっかしいことかと思ってしまう。
だから若人は麻薬を吸うし、酒を飲み、女と寝て、睡眠時間を削り、趣味に没頭する。
それが理性を超越する方法だと知っているからだ。
理性は簡単に支配されたりしない。
理性の外にいると言葉にした瞬間それは理性の内にいることを示しているのだ。
あぁー、オレは理性を飛び出して理性を支配して理性の全てを認識したい。
しかしどうも理性は理性で支配することができないらしい。
当然だ。
[PR]
by xtu_ltu9981 | 2010-02-14 08:15 | 徒然なる希望と絶望


<< ららららららららら たらたらーた、たらーた >>